忍者ブログ
[68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「屋根の上のヴァイオリン弾き」(日生劇場10月24日「昼の部」)


実に,5回目の観劇である

1回目は,森繁久彌氏のテヴィエ(主役)だった
もう20年以上も前のことである
森繁版は,まさに「森繁節,全開!」
同氏の圧倒的な存在感
そして,増田喜頓氏,安田信氏,上条恒彦氏など名だたる名バイプレイヤーが脇を固め,まるで豪華客船のような贅沢な舞台だった

2,3回目は,西田敏行氏のテヴィエ
観客が抱いている「テヴィエ=森繁」という出来上がったイメージの払拭という厳しい状況のなかで
(「ジェームズ・ボンド=ショーン・コネリー」という状況に似ていたかも)
「西田テヴィエはここが違う」という独自色を出そうという意気込みが感じられた
西田版は,頑固さを抑えた優しいテヴィエ像を描こうとしていたようである

そして,市村正親氏の登場である

前回初めて市村版を観たとき,まず視覚的な変化に驚いた
舞台の奥に「坂道」が設けられたのだ
この「坂道」は,まるで歌舞伎の「花道」のようである
この「坂道」のおかげで舞台が立体的になり,表現方法が豊かになり,役者の登場・退場が栄え,また,ヴァイオリン弾き役の絶好の居場所となった
そしてなんと,この「坂道」の下にオーケストラ・ビットが隠されているのだ
素晴らしい!
(「これで,最前列の客席にもお客を入れられる」という営業的なメリットも見過ごせない!)

市村版は,なんといっても楽しい

オープニングの「伝統(しきたり)」のシーンから,市村ワールドに引き込まれる
遅れてきて席につこうとする客をいじったりするのだが,これが軽妙!
この作品は,後半急速に悲劇色が強まるのだが,市村版は必要以上に湿っぽくならない
現代の気質に合わせているのかもしれない

今回は,前回にもまして楽しかった

仕立屋のモーテル役の植本潤氏が好演
この役は,前半は弾けた演技,後半は落ち着いた演技が要求される重要な役だが,非常に良かった

次女のホーデル役の笹本玲奈氏も良い

テヴィエの妻のゴールデ役の鳳蘭氏のど派手な演技はご愛嬌

市村氏はいろいろコチョコチョやっているので,是非,前の方の席で観るのがお勧め
ちなみに今回は,1階H列の5,6番という「神様サイド」のちょうど良い席だった
(「神様サイド」とは,劇中,テヴィエが神様に話しかける下手側の席のこと・・・と,勝手に言っているだけで一般的な呼び名ではないので注意)

今度はいつになるか,誰がやるのかわからないけれど,今から次回公演が楽しみな大のお気に入りの作品である


追伸

と言いつつ待ちきれず,一昨日の28日に,もう一回観に行ってしまいましたとさ
加藤茶氏じゃないけれど,「あんたも好きねぇー」(古っ!)


~次回の観劇記は,ど迫力の劇団四季版「コーラスライン」~




PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/12 夏川賀央]
[12/13 中川賀央]
[10/19 マチベン]
[10/17 中川賀央]
[08/11 indipapa]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア