忍者ブログ
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「クレイジー・フォー・ユー」(四季劇場「秋」2月28日)


「エビータ」から一転,本作はミュージカル・コメディである

ストーリーは
大都会ニューヨークの銀行のボンボンのボビーが,頭取である母に頼まれて,抵当にとった田舎町の廃れた劇場を取得しに行く
ところが,その劇場主の一人娘ポリーに一目惚れ
なんとか劇場をもり立てて助けようとするボビーだが,ポリーは劇場を奪いに来たボビーに敵意むき出し
そこで,ボビーが考えた作戦は・・・?

劇団四季には珍しいドタバタ・コメディ
「8時だよ!全員集合」のドリフターズばりのギャグの応酬
そして,ど派手な演出!

はっきり言って,楽しい!

ボビー役の加藤敬二氏の「コーラスライン」ザック役とはまったく違う軽やかな演技
そして,しなやかなダンス,タップ!

大興行主ザングラー役の志村要氏のとぼけた演技

この二人のシーンはまるっきりドリフ大爆笑!
あっ!奇しくもこっちも加藤と志村だ!

同じく「コーラスライン」ジュディー役で気になった恒川愛氏は,舞台栄えする

酒場の主人ランク役の川原洋一郎氏が,うまい
「屋根の上のヴァイオリン弾き」の肉屋のラザール役が似合いそう

「キャッツ」タントミール役で魅了された高倉恵美氏は,アンサンブルながらやはり今回も目が釘付けになった

とまあ,いっぱしのことを言えるくらい,この1年でたくさんの劇団四季作品を観たということ

ね,良いお客さんでしょ,浅利さん
一番のお気に入りの「マンマ・ミーア!」も,広島と静岡どっちも行くから!
今回ポリー役の木村花代氏のソフィで観せて欲しい!


~というわけで,次回の観劇記は,四季作品をそこそこ観た現在,どれくらい楽しめるか?
 2度目の観劇「劇団四季ソング&ダンス55ステップス」~

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/12 夏川賀央]
[12/13 中川賀央]
[10/19 マチベン]
[10/17 中川賀央]
[08/11 indipapa]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア