忍者ブログ
[112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「情婦」(1957年)


人に「悪いね」と謝るときの小松政夫氏のギャグに
「わりぃーね,わりぃーね,わりぃーねでぃーとりっひ」というのがある
(知らない?)


というわけでこの作品,そのマレーネディートリッヒがタイトルロール

色っぽい邦題がついているが,実は法廷劇である
原作はアガサクリスティの「検察側の証人」


殺人事件の容疑者レナードは無罪を主張し,病み上がりの老弁護士ウィルフリッド卿に弁護を依頼する
レナードは,犯行時間に自宅にいたことは妻が知っているとアリバイを主張
ところが,その妻は,検察側の証人として夫に不利な証言をする
果たして裁判の結果は?
そしてドラマの結末は?


不気味な雰囲気のドイツ人妻をマレーネディートリッヒが好演

毒舌家の老弁護士と口やかましい看護婦とのやりとりが楽しく,ラストには胸が熱くなるシーンがある

どんでん返しが強調される本作品だが,監督ビリーワイルダーのユーモアたっぷりの演出もご堪能あれ

おすすめ!

なお,まだ観ていない人には絶対に結末を言ってはいけない
もしもネタばらしをしたら
「わりぃーね,わりぃーね,わりぃーねでぃーとりっひ」
では済まないからね!

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/12 夏川賀央]
[12/13 中川賀央]
[10/19 マチベン]
[10/17 中川賀央]
[08/11 indipapa]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア