忍者ブログ
[320] [319] [318] [317] [315] [314] [313] [312] [311] [310] [309]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「柘榴坂の仇討」(公開中)


山岡荘八著「徳川家康」(全26巻)を読んでいる
ついに関ヶ原の戦いを終え,現在,第19巻の途中なり

というわけでこの作品,その関ヶ原の戦いでも活躍した徳川三傑のひとり井伊直政の末裔である井伊直弼の暗殺事件が端緒の物語

安政七年三月三日,雪の降る桜田門外にて,大老井伊直弼が暗殺される
主君を警護できなかった近習役の志村金吾は,切腹も許されず,逃亡した暗殺一味を探し出して斬首せよとの藩命を受ける
武士としての本懐を遂げさせたい妻セツに支えられ,金吾は主君の仇討の相手をひたすら探す生活となる
13年の時が流れて,時代は明治の世へと移り,仇討を命じた藩もすでに無くなったが,金吾は仇討の相手を探し続けていた
そしてついに金吾は仇討の相手の所在を知る機会を得る
それは奇しくも明治政府が仇討ち禁止令を出した日であった
暗殺事件と同じ雪の降る中,金吾とその仇討の相手が相対する
そして・・・

珍しく大人の鑑賞に堪えうる映画であると一応言っておく

見え見えの伏線や期待通りの無難な結末も目くじらを立てることも無かろう
この手の映画が,今,求められているのだろうから
ただあまりにも手堅い作りなので,予想外の驚きを期待してはいけない

素直に楽しむべし

さてと,260年ほど遡って「徳川家康」の世界に戻るとするか


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/12 夏川賀央]
[12/13 中川賀央]
[10/19 マチベン]
[10/17 中川賀央]
[08/11 indipapa]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア