忍者ブログ
[124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「検察側の証人」(11月20日 ルテアトル銀座)


以前,金曜シネマ倶楽部でご紹介した映画「情婦」の舞台版で,法廷劇である

老婦殺しの容疑をかけられた青年レナード
彼には犯行時間に妻と一緒に自宅にいたというアリバイがあった
しかし妻ローマインは,検察側の証人として驚きの証言をする
果たして判決は?
そして,息を飲む結末!
あれ?前回と同じだ


そう,奇しくも前回ご紹介した「スルース(探偵)」と同じトリックが本作にもある
これ以上はネタバレになるので言わない


ローマイン役の浅丘ルリ子氏の圧倒的な存在感!

しかし惜しいかな,夫レナード役が風間トオル氏なので年齢的にちょっと難あり

弁護人役の渡辺徹氏は,好感は持てるがもっとけれんみがあった方が良いかも

家政婦役の松金よね子氏は安定感抜群

ライブにはライブならではの良さがあるが
本作品の場合,好みから言えば,茶目っ気たっぷりのビリーワイルダー監督の映画版「情婦」の方に軍配をあげよう


ちなみにアガサクリスティ原作の短編の方は,非常にシンプルな結末になっている
興味のある方は,ご一読を


ところで,会場のルテアトル銀座はなかなか良い劇場だったが
市川海老蔵のルテアトル銀座の初春花形歌舞伎は大丈夫なのか?
(二週続けてそのオチか)


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/12 夏川賀央]
[12/13 中川賀央]
[10/19 マチベン]
[10/17 中川賀央]
[08/11 indipapa]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア