忍者ブログ
[172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162]

「カウボーイ&エイリアン」(公開中)


安愚楽牧場が民事再生から破産手続に移行したらしい

というわけでこの作品,タイトルに「カウボーイ」と付いているが,主要な登場人物にカウボーイらしき人物は見あたらない
「まぁ,西部劇の世界が舞台ということで」くらいの意味か

アメリカの荒野に,腕に奇妙な装置をはめた男が倒れている
その男(ダニエルクレイグ)は,自分が誰かも分からない
近くの街まで行き,そこで一悶着おこしたところで
突然,未確認飛行物体が現れて・・・

荒唐無稽の極みなのだが,作品全体の雰囲気はいたって真面目
(というか,くそ真面目)
主演のダニエルクレイグもハリソンフォードも真面目にお芝居をしている
ダニエルクレイグは,007映画と同様,苦虫をかみつぶしたような表情に終始しているし,ハリソンフォードは,インディジョーンズやスターウォーズの時のような軽快さをまったく見せない

この荒唐無稽な設定だったら,コミカルな痛快娯楽作品にしてもらわないと観客が戸惑ってしまう
そうかと言って,ウイルスミスやトミーリージョーンズが演じてしまうと新鮮味がないかもしれないが,そっちの路線で良かったのではなかろうか

結局のところ,基本は西部劇だと思った方が良い
スピルバーグがつくる西部劇だから,「未知との遭遇」っぽくなるのは仕方がないか?
それとも,人種差別等の問題で,敵役をインディアンからエイリアンに変えたというところか?
確かに「カウボーイ&インディアン」では,今の時代,お客さんは入らないだろう
へんてこなフォークダンス映画みたいだもの

まぁ,へんてこ具合では,この映画も全然負けてはいないけどね






 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/12 夏川賀央]
[12/13 中川賀央]
[10/19 マチベン]
[10/17 中川賀央]
[08/11 indipapa]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア