忍者ブログ
[157] [156] [155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「ティファニーで朝食を」(1961年)


夏だ!
海だ!
宝くじだ!
ヘップバーンだ!
って,ちょっと強引だったですかぁー(西田敏行氏のノリで)


というわけで,何の脈絡もなく勝手に「真夏のヘップバーン特集」
第1弾はこの作品


ストーリーは典型的なボーイ・ミーツ・ガール
娼婦のホリー(オードリーヘップバーン)は,相当に変わった生活をしている
そこに,夫がいる女性から援助(!)を受けて生活する小説家の卵のポール(ジョージペパード)が同じアパートに引っ越してくる
あまりお上品ではない生活をしている二人だが,
生きるたくましさは100パーセント!
すったもんだの挙句,お約束通りの結末に落ち着くコメディ映画である


監督は,あの「ピンク・パンサー」シリーズのブレイクエドワーズだから,細かいところに笑いの仕掛けが隠されている
怪しい日系人がアパートの上階の住人で登場するのはご愛敬
そう言えば,「ピンク・パンサー」シリーズでも,クルーゾー警部の弟子のケイト-(おそらく加藤)という怪しい日系人が登場していた


劇中「ひどい訛りを直すのに苦労した」というセリフがあるので,「マイ・フェア・レディ」のパロディかと思ったら,「マイ・フェア・レディ」はこの作品の3年後の封切りだったので単なる勘違い

ヘップバーンの魅力もさることながら,
この作品の人気の秘密は,やはり挿入歌の
「ムーン・リバー」だろう
作曲家ヘンリーマンシーニが生み出した傑作のひとつだ
(「ピンク・パンサー」のテーマ,「刑事コロンボ」のテーマもこの人の作品!)


半世紀も前の作品だが,今でも色あせないヘップバーンの輝きを
存分にお楽しみあれ!


ところで,知ったかぶりをして
「ティファニーの朝食はうまいんだよねぇ」
などと言うと大恥をかくのでご注意を!


PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[01/12 夏川賀央]
[12/13 中川賀央]
[10/19 マチベン]
[10/17 中川賀央]
[08/11 indipapa]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア