忍者ブログ
[161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152] [151]

「シャレード」(1963年)


お恥ずかしい話,ケーリーグラントとジェームズスチュアートをよく混同する
どちらもヒッチコック映画の常連で,二枚目スター


というわけで「真夏のヘップバーン特集」第3弾は,そのケーリーグラントとヘップバーンという当時の2大スターが共演したこの作品

レジーナ(ヘップバーン)がスキー旅行からパリの自宅に帰ってくると,家財道具がすべて無くなっていた
そして,夫が事故死したこと,その夫が大金を横領していたことを知る
その大金を狙う見知らぬ男たちにつきまとわれるレジーナは,スキー旅行先で知り合ったピーター(ケーリーグラント)に助けを求める
しかし,そのピーターも何やら怪しい雰囲気が・・
果たしてピーターの正体は?


今回のヘップバーンは,未亡人ながら,ケーリーグラント演じる謎の男に積極的に恋のアタックをするというコミカルな役を魅力的に演じている

サスペンス色が強く,二転三転するストーリー,そして小気味よい鮮やかなラストと,本作品(監督スタンリードーネン)はヒッチコック映画とよく間違えられる
同じくヘップバーン主演の本格サスペンス映画「暗くなるまで待って」(監督テレンスヤング)もヒッチコック映画と間違えられることが多いが,ヘップバーンはヒッチコック映画には1本も出演していない


グレースケリーやキムノヴァクなど,どちらかというと美人好み(大人の色気)のヒッチコックゆえか
ヘップバーンは美人とか色気という感じではないから


オードリー,ごめん

何はともあれ
陳腐な言い方だが,ハラハラドキドキしたい人に
ぜひお勧めの1本!


ところで,冒頭の話に戻るが
この作品のスーツを着たままシャワーを浴びるシーンを観ても分かるように
ジェームズスチュアートに比べると
ケーリーグラントの方が洒落っ気があるかな
シャレードっていうくらいだから


ごめんなさい
(本日,2度目の謝罪なり)

 

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/12 夏川賀央]
[12/13 中川賀央]
[10/19 マチベン]
[10/17 中川賀央]
[08/11 indipapa]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
フリーエリア